私たちについてabout

理事長挨拶Greeting

子育て支援の心要性

近年、子育て支援の心要性が求められている。
政府においても政策に取り上げられ、また、社会的関白が深まりを国民的論議がなされつつあります。
その背景を見ると社会的条件の変動が大きく、子育てをめぐる困難な現象(育児・病気・仕事・教育等)が深刻化していることは否めない事実であります。
しかしながら、親や子どもにとって真に始要な支援とは何かについては、模索状態にあるというのが現状です。


地域に根ざした支援活動

その中で、子育てには地域に根ざした支援活動を展開することが始要と考えています。
ここで最も大切なことは、①子どもが安心して健やかに育つ権利②子育て環境の保障、という「支援」であり、それは同時に、親が『子どもと共」に育つことの喜びを見出し、親として子どもを育てて行ける「親育ち」支援でもあります。
そのためには、従来の性別役割分業を脱し、男女が共に育児にかかわれる社会の構築が急務です。
また、とりわけ閉鎖的な状況で育児に孤軍奮闘している母親にとってひとりの人間として自立し、育児中であっても社会参画が可能となる支援が重要であり、すべての人が、親と子を温かく見守り、支援の手を差し伸べることも欠かせません。
私たちは、これらの課題を解決すべく、これまで、子育て支援活動の実践者ならびに教育者・医師・福祉関係者を中心に子育て支援の在り方について意見交換をし、先駆的な取り組を重ねてきました。

子どもが安心して育つことができるまちづくり

私たちは私たちの活動が、親と子どもを見守り、必要な人に必要な支援を的確に届けられる体制の構築に寄与し、「子どもが安心して育つことができるまち」、そして、「すべての子どもと共に暮らしの豊かさを享受できる社会」の構築につながることを願っています。
そこで地域に根付いているけやき保育園を法人化し「自由な社会貢献活動」という理念に基づき、さらに地域の力を合わせて、現代の子育てをめぐる困難現象の解決に資すべく、支援を必要とする親と子に対する支援活動、また、子育て支援者のための情報提供や活動モデルの提供とともに、人材育成に努めるために、特定非営利活動法人キッズルームけやきを設立しようと決意しました。



pagetop