no

法人紹介

子育て支援の必要性

少子高齢化社会において、働き方改革が進められている中で、女性の職場進出により仕事と育児の両立の難しさが拡大している中で、国の重点政策として「子育て支援」を取り上げ、待機児ゼロを目標に、保育施設の確保が進められています。NPO法人キッズルームけやきでは、「子育て支援事業」を中心として地域に根付いた活動をしていきたいと考えております。

理念

①子どもが安心して健やかに育つ権利を守る
②子育て環境の保障、という「支援」をおこなう。
③子どもが安心して育つことができる場づくり。
私たちの活動は、親と子どもを見守り、必要な人に必要な支援を的確に届けられる体制の構築に寄与し、「子どもが安心して育つことができる場づくり」、そして、「すべての子どもと共に暮らしの豊かさを享受できる社会」の構築につながることを願っています。
「自由な社会貢献活動」という理念に基づき、さらに地域の力を合わせて、現代の子育てをめぐる困難現象の解決に資すべく、支援を必要とする親と子に対する支援活動、また、子育て支援者のための情報提供や活動モデルの提供とともに、人材育成に努めるために、『特定非営利活動法人キッズルームけやき』の考え方であります。

運営方針

児童福祉法第39条の規定に基づき保育を必要とする子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ことを目的とする保育施設です。入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場を提供する。

本法人が運営している施設は、①ゆたか保育園、②ふるいちば保育園、③認可外保育施設:けやき保育園。④若宮小放課後児童クラブの4施設を有しています。
0才から12歳まで保育を必要とする子どもに対してのシステムが確立されています。
●0才~2才・・・・ゆたか保育園・ふるいちば保育園
●3才~5才・・・・けやき保育園・柳光幼稚園(提携)
●6才~12才・・若宮小放課後児童クラブ

活動報告

 

採用に関しても
随時募集しております

TOP